« 昭和村のからむし(1) | トップページ | おおあさ・大麻・ヘンプ(1) »

昭和村のからむし(2)

いよいよ、からむし織初体験である。以前、長野県の上田紬の大きく長い高機を体験したことがあるので、その高機はコンパクトに感じた。上田紬のときは、数少ないプロの方が織っている帯の途中から入れてもらったので、自分が織った場所が妙に透けてしまった。あとから解くとはいえ、気が引けた。あのときは弱かったのだな、という印象を思い出しつつ、力強く打ち付けたら、ガチガチになってしまった。帯とコースターは違うのです。

強く、弱く、を加減しながら織ると味がある布になる。カタン、コン、カタンカタン。しゃべりながら織ると、二本重ねて入れてしまった。織っているときには話しかけてはいけない。無心になる必要があるのだ。「決して見てはなりませぬ」、夕鶴の話はこんなところからきているのではないか。

植え付け、焼畑、施肥、垣つくり、刈り取り、浸水、皮はぎ、苧引き、苧績、手織り。栽培方法から糸つくり、機織の構造、みな女性たちの智慧の結晶である。からむしの繊維は実はアサ(大麻、ヘンプ)より長く、頑丈だといわれるが、乾燥には弱い。だから、収穫も終わった湿度の高い雪の中の機織は格好の季節となる。自然と完全に一致した作業でよくできたものである。

シャリ感、光沢のあるその布をながめると、昭和村で出会った暖かい人々を思い出す。からむし工芸博物館に飾ってあるおじいさん、おばあさんをはじめとする昭和村の人々のポートレイトは気持ちがやわらいでほーっと胸の芯が暖かくなる笑顔であった。カスミ草が風に揺れて微笑んでいるような、そんな自然体の表情なのである。厳しい自然と向き合いつつ、沢山の経験を紡いできた人々である。布が体温を持って、そして尊く思えてくる。モノに対する姿勢も正したくなる。この人々の智慧と経験の上に出来上がってきた宝なのだから。

そのからむし工芸博物館でたくさんの本に出会った。なかでも『奥会津 神々との物語』奥会津書房が目にも美しくすばらしい。70代、80代の方の語りも笑顔の写真入で掲載されている。

「沢のちっと入ったとこさ古木があって、それをまつり木どして決めである。ブナの大木だな。山さ入る時は必ず、「一日安泰に働けますように」って、手ぇ合わせで、帰って来っと、「無事に帰ってこれました」って、手ぇ合わせるんだ。」吉田貞夫さん

このブログでもしばしば取り上げている人と木との密接な関係である。時に自然に頼り、守られ、感謝を忘れない。ブナは雷も避ける精霊の宿る木と言われている。私が昭和村に宿泊していたたそがれ時、空を山吹色に染めた激しい雷雨も、そのブナの木を避けたことであろう。

上記の本の中で最も印象的なのが菅家博昭さんの「見えないものを見る意志」の冴えある文章である。奥会津の人と自然との関わり方が他郷の者でも理解できるような気がしてくる。帰宅後、偶然にも同じニフティーのココログに菅家氏のブログを発見して驚いた次第である。

自然に感謝しつつ真摯に生きる奥会津の魅力は、降り積もる白い雪より深い。

|

« 昭和村のからむし(1) | トップページ | おおあさ・大麻・ヘンプ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和村のからむし(2):

« 昭和村のからむし(1) | トップページ | おおあさ・大麻・ヘンプ(1) »