« 翡翠のあたたかみ | トップページ | プレミアムしょうゆ »

インディアン伝承シャンプー追記

以前、インディアン伝承シャンプーについて記事を書いたが、具体的な髪の毛の状態を記載していなかったので、少々追記してみよう。

別に特別な髪の毛の問題を抱えているわけではなかったのだが、将来をみすえて髪によいシャンプーを探していた。

使用してから半年くらいになるだろうか。気づけば生え際の髪の毛がツンツン勢いよく伸びている。あきらかに伸びがよい。分け癖が気にならなくなり、なかなかよい生え際になってきた。

それから、抜け毛がかなり少なくなってきた。季節的なこともあるかもしれないが、以前の半分くらいの量に感じる。長いと量が多く見えてしまうのだが、それも気にならない。

髪を活性化するマイナスイオンドライヤーも効いているらしく、髪のパサパサ感も減ってきた。ウソだと思ってまず使ってみなさい、ということでマイナスイオンにかえたのだが、やはりいい。

ちなみに、リンスは本当はインディアン伝承リンスがいいのであろうが、普通のリンスを使っている。リンスは地肌にはあまりよくないと聞くが、使った方がブラッシング時の切れ毛トラブルは少なくなると思う。

今購入すればインディアンの知恵入り!洗髪秘伝書プレゼント!! してもらえる。特製のブラッシングは使いやすく、重宝している。

振り返ってみるに、小学生の頃から長きに渡ってシャンプー・リンス・コンディショナージプシーをしてきたものだ。一種、実験的な経験でもある。

あるときは色・香りに誘われ、そのうちうたい文句に期待をかけて、美容院限定のプロ用のものを購入したり、値段にかけてみたり、どのくらいつぎ込んだのだろう。

アミノ酸シャンプー、これは3000円以上は出したい、と美容院の人に言われる。インディアンシャンプーと同じくらいか。

てんぐさで洗って、酢のリンス。これは髪の毛が脱色された。

石鹸シャンプー。無添加はよいし、体にはいいのかもしれないが、髪の毛の状態になじめず長続きしない。途中から洗濯洗剤に変身してしまうのだ。結構、洋服の汚れがとれます。

リンスインシャンプー、発売当初は便利で使ってみたが、髪質が変わって茶色くなった。

有名なアレッポの石鹸を髪の毛にも使ってよい、というので試してみたが、使い始めはゴワゴワになるが、馴染むと柔らかくなるという期間には辛抱できなかった。現代人の髪の毛・地肌は化学薬品で変化しているので、自然の石鹸になじむにはかなりの期間を要するというのである。

親の世代はモノ不足で、シャンプーなんて特別なものはなかった。固形石鹸で洗っていたという。だいたい、洗濯石鹸も固形石鹸しかなかったので、粉石けんが出たときは感激したそうだ。なにしろ、ごしごしもみ洗いしなくても、つけておくだけで汚れがおちる。新鮮な喜びだったのだろう。

いまや、洗剤選びも枚挙にいとまがない。その一方、皮膚トラブルも多い。高校のとき、手が真っ赤にはれ上がり、ごわごわになっている友人がいた。おそるおそるワケを聞くと素手で洗剤ブクブクと衣類を洗っているという。

そんなぁ、ゴム手袋を使えばいいじゃない。

感覚がにぶるから、これでいいの。

気の毒な手であった。

今はいろいろな洗浄方法が出てきた。海外初の新しい洗剤、洗剤いらずのスポンジ、超酸性水、EM菌などなど。

最近は、洗濯ボールの進化版、ランドリーリングも出てきて、興味を持っているところ。友人もかなり満足度が高いらしい。そのうちきっと買う、かな。

髪の毛も特殊な水をサーッとかければ、ふんわり清潔になればよいのに。地球の水を汚さないために、研究者は日夜智慧をしぼっているのであろう。

|

« 翡翠のあたたかみ | トップページ | プレミアムしょうゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インディアン伝承シャンプー追記:

« 翡翠のあたたかみ | トップページ | プレミアムしょうゆ »