« 高野山の満天の星 | トップページ | 智慧の神様・思金命 »

ターシャ・テューダーの輝きの季節

日比谷花壇リース「システィーナ」

11月26日NHK総合土曜特集、午後7時30分~8時45分放送

「喜びは作り出すもの、ターシャ・テューダー四季の庭」

見たい見たいと思いつつすっかり忘れているころ、テレビをつけるとちょうど放映中であった。

この番組をみて、絵本でしか知らなかった淡いセピア色で平面のターシャの世界が、いきなりカラフルでリアルな立体の世界へシフトアップした。

コーギー犬のメギーが走る、花々がそよぐ、木々がざわめく、暖炉の炎が揺れる。

レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』を髣髴とさせる自然の美しさ。

  絵本の世界が命を持ち、本当に生き生きと動いている・・・・・・・。

私の特にお気に入りの絵本『輝きの季節 ターシャ・チューダーとこどもたちの一年』

  ねぇ、おばあちゃま、ママがわたしくらいだったときのことを話して。

  10月には収穫したリンゴでジュースを作ったわ。

テレビのなかで、ターシャの孫とその若くういういしいお嫁さんが動かしている大きなリンゴ絞り機はまさにこのページに描かれている装置だ。恐らく若きターシャに抱かれているあかちゃんが絞り機を触ろうとしている。かごいっぱいのリンゴとジュースを汲んでいる少女、そばにコーギー犬も。

   一年分のろうそく作りも、11月の仕事だったわね。

テレビのなかで、やはり孫たちとターシャが慎重にみつろうの液にひたしているのは絵本と同じ細長いろうそく。半年分で1000本をつくるそうである。

みつろうのろうそくは温かい香りがする。西洋の香り。

ハゼの実から作る和ろうそくのやわらかい炎は日本の色。

伝統的な手作りのろうそくの明かりはホッとする。

1915年、肖像画家の母、ヨットの設計技師を父に、ターシャはボストンで生まれた。社交界デビューを拒んだというから、あるレベル以上の階級に属していたのだろう。ところが、十代の頃両親は離婚、彼女自身は養う能力のない夫と離婚。子供たちを抱えてターシャは生き抜いていくのである。

絵の才能が彼女たちの生活を支えた。画家の才能ばかりではない。彼女は糸紡ぎ、機織り、裁縫、料理の分野でもプロ級の腕前だという。それは『ターシャ・テューダー手づくりの世界 暖炉の火のそばで』が物語っているだろう。たくさんの類まれなる才能と彼女自身受け継いできた智慧と彼女の新しい工夫により、子供たち、孫たちはすこやかに育ち、そしてバーモント州の30万坪の美しい敷地はゆったりと四季を重ねていくのである。

彼女はまさに今昔智慧の塊の存在である。彼女は画家であるがゆえに世に名を知られたが、彼女のような存在はまだまだ健在のはずである。

代々受け継がれてきた智慧を彼女は四季の行事などを通じて子孫たちに繋げていこうとする。

暖炉でつくるスローなローストビーフつくり。

  4時間もかかるけど、肉汁が染みわたっておいしいのよ。孫のお嫁さんが受け継ぐ。

  何百も球根を植えるのは大変だけど、春に美しく咲くのが楽しみ。

  でも、年をとってきたから、この庭は自然に帰すつもりよ。

  経験が一番の先生なのよ。

  想像力は心の糧。

  幸せを感じるかどうかは心の持ち方によるのよ。

      辛抱は大切なこと。庭造りも人生も同じなのよ。

              辛抱すれば必ず春は来るからね。

私たちも、

  降り止まない雨はない。夜明けの来ない朝はない。

といいながら、仕事などをやりぬくことがある。ターシャのことばは春のイメージがトータルに感じることができる。

  年をとっていいこともあるのよ。みんなが助けてくれるからね。

  この世には沢山のもの、美しいものがたくさん。

  喜びはつくりだすものなのよ。

今年はいつもよりたくさんの球根を植えよう。水仙、ムスカリ、チューリップ・・・・きっといつもより春が待ち遠しくなる。

センテッドゼラニウムのローバスレモンとレモンバーベナ、温室ではなく今年は窓辺に置こう。風に揺れるレースのカーテンに触れるたびに香るし、ターシャの微笑みを思い出すから。

  

|

« 高野山の満天の星 | トップページ | 智慧の神様・思金命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターシャ・テューダーの輝きの季節:

« 高野山の満天の星 | トップページ | 智慧の神様・思金命 »