« 土屋鞄・手作りランドセル | トップページ | ターシャ・テューダーの輝きの季節 »

高野山の満天の星

ユネスコ世界文化遺産、高野山参拝。

和歌山は柿の名所である。買い食いしたあんぽ柿はほっぺたが落ちるほどにおいしかった。自然の甘さが体中の経絡をすばやくかけめぐって幸福感を伝達するようである。旅の疲れを溶かしてくれるホルモンが出るのだろう。

その柿色の夕暮れをバックに高野山が黒く鎮座しているのが見えてきた。とうとうやってきた。司馬遼太郎の『空海の風景』を読んだのはもう二昔も前のことである。

高野山へ行くことを考える前に、気がつけば西安郊外の広大な青龍寺跡に立っていた私。記念堂ができる前のこと。市内からバスを乗り継ぎ、乗り継ぎ、やっとのことでたどりついた。近くには工場。私たち二人の他は誰もいない。夏の終わりのうす曇の日であった。

阿闍梨恵果和尚と空海が1200年前に出会った場所。青龍寺についてはまたの機会に譲ろう。

そんなことを考えながら、高野山のヘアピンカーブをバスは容赦なく上っていく。右に左に体が揺さぶられているうちにあたりはすっかり墨色に。いつまでこのカーブは続くのだろう。

深い深い山の中、夜行性動物も動き回る時間である。昔、高野山では指パッチンをしたそうだが、それは虎除けのためだったという。

標高1000メートル近い高野山は金剛峰寺があるだけではなく、そこはひとつの町にもなっている。117の寺院、役場、病院、学校、郵便局、消防署、みやげ屋。奥に入るとスキー場や森林公園も。53の寺院は宿坊も兼ねている。

宿は普賢院。とりわけ施設がよいという評判だ。若き修行僧もおしなべて物腰が柔らかで、気さくである。階段に落ちている埃をささっと拾いながら案内してくれたのが印象的。きれいに掃き清められていても、人が通る限り埃は出るものだけど。

部屋は明るく、掛け軸が三幅もかけられ、調度品も重厚でとても寺院の中とは思えない。襖絵もすばらしい。宿坊のイメージを一変させられた。

精進料理はどれも繊細な味。やはり高野山のごま豆腐のなめらかさに舌はうっとり。永平寺のごま豆腐のこしと粘りとはまた違うのだ。肉魚はないが、ビール、日本酒は用意されていた。

誰もいない星降る夜の本堂前。ブッダガヤから持ち帰った石に足型が彫られている。息が止まるほど冷たくなっている。八角堂の前には大黒様。高野山には大黒様はつきものである。煌く満天の星を眺めながら静かな夜は更けていった。

お風呂も広く清潔でゆったりと入れた。冷えたからだが芯から温まった。

翌朝はそれほど寒くもなく、朝日がまばゆいほどであった。御焼香の後、仏陀の米粒ほどの舎利を拝めた。奥の院へ入る前は諸大名の墓石群。歴史上の人物の墓がひしめいている。ここは修行の山として開かれたが、今は20万基の墓があるという。信玄、吉宗、政宗、秀吉、信長・・・・。

奥の院の弘法大師御廟。手を合わせていると包み込むような大きなエネルギーが入ってきて、とたんに大きな呼吸ができて息が楽になり、すとんとリラックスした。墓石群を歩いているうちに胸が圧迫されていたのだ。確かにお大師様のエネルギーがあると感じた。

帰り道は有名企業の墓石群。アポロの形をした大きな墓石もあっった。

霊宝館は見ごたえ十分。高野山でははずすことのできないポイントである。空海の直筆の書と実際に履かれていたという草鞋をみると、いっそう空海が近く感じられる。DNAが検出できるのではないだろうか。

青龍寺から持ち帰ったという数珠。トンボ球と黄色いビードロ。大唐帝国の産物である。沢山の人の沢山の指紋がついているのだろう。

快慶の四天王。躍動感、安定感、迫力ある表情。間近にじっくり鑑賞できて贅沢である。

陝西省の玄奘三蔵の墓まで行っていながら、高野山へは行っていなかったな、という新鮮な感動を覚えた。

いつかしらそのに出られるのだろう、とうっすら思っていた。

時期が来たら空海に会えるということ。自然な流れに乗って。

|

« 土屋鞄・手作りランドセル | トップページ | ターシャ・テューダーの輝きの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山の満天の星:

« 土屋鞄・手作りランドセル | トップページ | ターシャ・テューダーの輝きの季節 »