« 秋山郷・とねんぼ | トップページ | 爆竹・花火・年獣 »

長ネギざんまい

お正月は寒くて仕方がなかったのに、近頃からだが温かい。気温はそんなに変わらない。そして気持ちよく眠い。

     その要因は、最近始めた長ネギざんまい

新聞で、多摩動物園のチンパンジーがナマの長ネギを右手でつかんで丸かじり、左手に持った長ネギを小さな子供にもかじらせているのを見たのが、そのきっかけである。

チンパンジーも人間と同じように風邪をひくが、昨年からきんかんのはちみつ漬けの他に、長ネギをプラスしたところ、今のところ誰も風邪をひかないというのだ。

料理の脇役が多い長ネギだが、立派に主役になれる素質を十分に持っている。

手始めはシンプルに長ネギを3,4センチほどに切って、黒ごま油で炒めて仕上げに醤油をかける。これなら結構量が食べられるし、甘みが出る。普通の白ゴマ油で塩をまぶしてもおいしい。

これはマニヤックな方法だが、『医心方』の中に、鑑真が長ネギを酢で煮ると、確か神経によい、というようなことが書いてあったのを思い出して試してみた。家中酢の匂いが立ち込める。これだけで風邪予防である。味は刺激的。

熱を加えたほうが甘みが出るのだが、薬効はナマのほうが期待できるという。

ラーメンの他の具の上に大量の薄くスライスした長ネギをまぶしたものを食した後、猛烈な睡魔に襲われた。ネギラーメンを食べたら、午後はたっぷり眠くなるということ。

お気に入りのリンデンとカモミールブレンドのハーブティーも気が遠くなって眠くなるが、この長ネギはもっとパワフルであった。

長ネギの薬効は、消炎、解熱、発汗、不眠解消、疲労回復、ビタミンB1の吸収を高める、健胃、整腸、頭痛、冷え性、下半身のむくみ、膀胱炎改善、利尿、など。

原産地の中国では紀元前から栽培され、薬用植物して珍重されていた。

長ネギの匂いはにんにくと同じアリシン(硫化アリル)という揮発性の成分で、これこそ効能を引き出す成分だそうだ。

薬膳としての使い方の他にも、沢山の使用法がある。

風邪で鼻がつまってどうしようもない時、鼻の長さに合わせて縦割りした切り口の方を鼻に当てると、そのうちすっと鼻が通ってくる。

夜も眠れないほどのどが痛い時、蒸したタオルの上に長ネギをそのままの長さで剥いて、ヌルヌルする方を直接のどに当てて、ぐるっと首をくるむ「ネギ湿布」。すごい匂いだが、これは本当に効いた。咳止めにもなる。軽く火であぶる方法もあるという。

その他、耳の炎症、タコ、マメ、やけどなどに使用する伝承もある。

「冬には白いものを食べなさい」という民間医の言葉を教えてもらったことがある。

だいこん、かぶ、ネギ・・・・

昔から伝わる智慧である。

風邪をひいてから薬に頼るより、身近な智慧を使ってぜひ予防したいものだ。

そして、深谷ネギ、下仁田ネギも美味だけれど、せっかくなら「身土不二」、近くでとれた長ネギも食したい。

|

« 秋山郷・とねんぼ | トップページ | 爆竹・花火・年獣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長ネギざんまい:

« 秋山郷・とねんぼ | トップページ | 爆竹・花火・年獣 »