« 爆竹・花火・年獣 | トップページ | 沈丁花満開 »

刀削麺と小麦

旧正月の15日、元宵節の前日、久々に中華街に行ってきた。いよいよ春節もフィナーレ。

   元宵節のあん入り白玉だんごではなく、刀削麺目当てである。

中国では意識せず食べていたはずだが、日本でわざわざ食べに行ったことはない。

テレビのコマーシャルでは、練った小麦の塊をぐつぐつ煮え立つ熱湯の中へ勢いよく削り落とす場面があり、すでにお馴染みであったが、どうも、最近中華街で刀削麺が特にブレークしているらしい。ただし、中華街でも刀削麺のメニューがあるところは3件ほどという。

刀削麺といえば、山西省の家庭料理。山西省は北魏時代、平城、現在の大同市に都を定められたことがあり、雲崗石窟が有名である。今は地方都市で、一緒に旅をしていた中国の友人が道を聞いても「何て言っているかわからない~」と路頭に迷ったことがあるほど。日本でもおじいちゃん、おばあちゃんのご当地弁が聞き取れないことがままあるように、山西省の言葉は聞き取りずらいけれど、その独特なアクセントは温かみがあってほのぼのした気分になれる。

中華街パーキングに駐車した。ここは観光地図がおいてある道の駅のようで、休憩したり道順を確認するときに便利である。

実は目当てのお店の場所はまったくわからなかったし、おまけに店名も忘れてしまった。

ところが、なんとなく雰囲気に誘われて3回曲がったら、自動的にそのお店の前に到着。くんくん、匂いがしたのである。

店名は「杜記」。看板を見たとたんに、ああそうだ、と思い出した。間口は狭いが、数人がすでに並んでいた。昼間はもっと行列していたのだろう。外に貼ってあるメニューを眺めていると、期待感はどんどん高まっていく。

20分もしないうちに店内に入れた。私たちが座った奥のテーブルは白檀をベースとした濃厚なお線香の香りが立ち込め、料理人と配膳のおねえさんが調理場の音に負けない現地語でまくし立てている。接客の態度も昔の現地に近いかも。

ほどなく目の前に「ぽん!」と置かれた大きなどんぶりの数々。私は高菜スープベースで、ピリリとした辛味と奥行きのあるしょうゆ味がよくからまった刀削麺。手で削るため、厚いところと薄いところがあり、びらびらと波打っている。その特徴こそスープやたれとよくからむ所以で、コシのある食感がたまらない。

確かに食べたことはある。そういえば、山西省のお隣、陝西省・西安でジャージャー麺を立ち食いしている人をよくみかけたが、確かにこの麺だ。しかし、このお店の味は日本的に少しはアレンジしているのか、八角の味も強烈ではなく、やはりおいしい。くせになる一品であった。

この刀削麺のワザ、一人前になるには10年を要するとか。目にも留まらぬ職人芸である。

餃子は北がメッカ、大連の餃子は格別だった。麺は南。南船北馬をマネすれば、南麺北餃子、その中間の山西刀削麺?

山西省は内蒙古、河北省、山東省、陝西省、河南省に囲まれた、様々な文化の行き交うところ、そこへ小麦生産が豊富なこともあって、水餃子の皮の食感に似た麺が好まれたのかもしれない。コシのある長い長い水餃子である。

そもそも、麺はどこからきたのであろうか。同時発生ということももちろんあるだろう。でも、それは、小麦、大麦の栽培が焦点になることは否めない。

チベットではザンバという、麦の一種を煎ってバターと混ぜた食品がある。もともとは麦を煎ってそのまま食べていたが、西から石臼がもたらされたあとは、粉にひき、バターなどで練って、伸ばして、切って、加熱して食べるようになったという。

ここでのキーワードは西。シルクロードである。紀元前2000年~紀元前1000年の小河墓地の副葬品の中に麦があったことは記憶に新しいであろう。

石臼という文明の利器があったからこそ、粉末状の食品ができる。そうなると、液状のものを混ぜて練ってみたい。切ってみたい。こんな思いつきから麺は生まれたのではないか。

あらゆる智慧がシルクロード経由でやってきているようだ。

今回は刀削麺から、チベット、シルクロードの麦栽培、石臼、に想いを馳せてみた。

刀削麺は神田、銀座にもあるというから、ぜひ今後の課題に入れたい。シルクロードの終着駅には魅力的なものがたくさんある。

|

« 爆竹・花火・年獣 | トップページ | 沈丁花満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刀削麺と小麦:

« 爆竹・花火・年獣 | トップページ | 沈丁花満開 »