« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ハニーサックルと新月

_dscn0065

_dscn0066


今日は新月。新たなるサイクルの始まりである。

ちょうど庭ではハニーサックルが満開で、小雨にしっとり濡れている。ハニーサックルといえば、バッチのフラワーエッセンスの中にもあり、そのメッセージは過去、変化というキーワードに関係する。

心理的に過去に住んでいる人は、なかなか高次の自己の導きを受けいれようとしない。

時は流動的なのに、過去ばかりに焦点が合い、その世界にひたろうとする。

「私がまだ~だったとき、」「私はよく~こうしたものだ」 そして、過去を悔やむ気持ち。

バッチのハニーサックルは過去と現在をつなげる役目があるという。

考古学者や歴史家は、そのエネルギーがプラスに現れた形。

「過去は特別な価値をもって扱われる」というが、その価値は決して結晶化してしまったものではなく、現代に生かす、生きた智慧となるはずだと思う。

歴史は直線的ではないし、古代が今より劣るわけでもない。

過去へ転生する、未来から現代へ転生する、と聞いたことがあるが、今の段階では誰も証明はできないだろう。記憶を全部持っていたら、歴史がどんどん変わってしまうだろうな。

ハニーサックル服用後にはこんな変化が。

「過去との関係をよいかたちで存続させ、現在を生きる。過去の体験から学びとる。」

この花は強い。イギリスでは垣根に多用しているというが、ヒースの荒地でもよく見られるそうだ。30年もの間咲き続けるという。

手はかからない。虫にもほとんど食われない。

この花を眺めていると、「変化」を感じる。細長い花の集合体で、全体の幅は10センチほどあるのだが、そのひとつひとつの花をはらはらと潔く散らしてしまう。

咲いて、散って、咲いて、散って・・・・。さっぱりしたものである。掃除は大変だが。

新月の日にハニーサックル、とくに我が家の夥しい数のハニーサックルの花々と対話するとエネルギーをもらえそうである。

バッチは花のエネルギーを転写しているのだが、波動としては生きている花そのもののエネルギーの方が新鮮であろう。

水という媒介に意味があるのかもしれないけれど。それであれば、花の上の雫がよいのか。あぁ、最近の日本の雨ではだめだ。

夜になると、ユリにもジャスミンにも似た、けれどもう少し淡くて甘いハニーサックルの香りが庭に満ちて、幸せな気分になる。

嗅いでいる、「今その瞬間」を大切にしたい。秋口まで次々と咲いてくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現世極楽浄土

東博の「最澄と天台の国宝」展へもう一度行こうと思っていたのに、連休中に終わってしまった。

かくなる上は、いずれ京都を訪れるしかないか。

二十五菩薩坐像のうち、獅子吼菩薩様、普賢菩薩様、白象王菩薩様が京都即成院からお越しになっていた。

なんと、安寧なお顔をされているのだろう。

自分の中のざわざわした感覚、そして疲労感が融けていくようだった。

しばし、その場を離れられなかった。

一生懸命、そのお姿を目に焼き付けておこうと思った。

即成院といえば、那須与一が屋島の合戦以前、病気平癒を祈願したことでも知られている。与一の墓とされる石造宝塔もあるという。

ご本尊の阿弥陀如来様と二十五菩薩様が鎮座される本堂内陣内は、現世極楽浄土と呼ばれている。

展覧会へは三菩薩様。本堂はさぞかし心落ち着く空間なのではないかと想像している。

いつ国宝になってもおかしくない、そうである。

末法の世の始まりと呼ばれていた時代、人々は阿弥陀信仰に救いを求めていた。

極楽浄土、まばゆい来迎の図・・・・イメージングの一種かもしれない。

前頭葉の中で理想の画像を描けば、白隠禅師の内観の法にも通じていく。

難を逃れ、安寧を望む人々の智慧のひとつ。

二十五菩薩様たちはそれぞれ、楽器を奏で、極楽浄土には天界の音楽も流れている。恐らく天界の香りも。

東博の平成館はいつも混んでいる。

土日はもちろんのこと、平日も展示の前で話し込むグループも多い。

今回は金曜の夕方に入館した。この日は夜の8時まで。この時間帯はゆったり見ることができてなかなかよかった。

最澄より、天台の国宝自体の印象深かった。唐から学んだものは急ぎであったため、却ってその弟子の円仁、円珍らの功績が大きい。不完全であったからこそ、その後の発展が目覚しかったのであろう。

比叡山に学んだ僧

法然は浄土宗、栄西は臨済宗、道元は曹洞宗、親鸞は浄土真宗、日蓮は日蓮宗

比叡山に調査に行った学者の友人が、お坊さんと待ち合わせするにあたり、

「ケイタイくらい持ちなはれ」

と言われてしまったとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »