« 2008年6月 | トップページ | 2008年11月 »

蘭亭序 訓読

蘭亭序 (訓読)

            王義之

永和九年、歳は癸丑に在り。暮春初め、会稽山陰蘭亭に会す。禊事を脩むるなり。

群賢畢く至り、少長咸集まる。此の地に崇山峻嶺、茂林脩林有り、又清流激湍有りて、

左右に映帯す。引いて以って流觴曲水を為し、其の次に列座す。絲竹管弦盛無しと

雖も、一觴一詠、亦た以って幽情を暢叙するに足る。

是の日や、天朗気清、恵風和暢す。宇宙大を仰観し、品類盛んなるを俯察す。

所以に目を遊ばしめ懐を騁せ、以って視聴娯しみを極むるに足れり。

信に楽しむ可きなり。

夫れ人相い与に一世に俯仰するや、或いは諸を懐抱に取り、一室内に悟言し、

或いは寄せて託する所に因りて、形骸外に放浪す。趣舎萬殊にして、静躁同じからずと

雖も、其の遇う所に欣び、暫く己れに得るに当たっては、怏然として自ら足り、老い将に

至らんとするを知らず。其のく所は既に惓み、情は事に随いて遷るに及んで、感慨

係われり。

欣ぶ所は俛仰間、以に陳迹と為るも、猶を以って懐を興さざる能はず。

況んや脩短は化に随い、終に尽くるに期するをや。

古人云う、死生も亦た大なり、と。豈に痛ましからずや。

毎に昔人興感由を攬るに、一契を合するが若し。

未だ嘗て文に臨みて嗟悼せずんばあらず。を懐に喩す能わず。

固より死生を一にするは虚誕たり、彭殤を斉しくするは妄作たるを知る。

今を視るは、亦た由お今昔を視るがごとし。悲しいかな。

故に時人を列叙し、其の述する所を録す。

世殊なり、事異なると雖も、懐を興す所以、其の致は一なり。

攬る者、亦た将に斯文に感ずる有らんとす。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年11月 »