« エバメールゲルクリームで感謝される | トップページ | スーパームーン »

延命十句観音経 カレージア編集

『延命十句観音経』はシルクロードあたりで生まれ、

仏教の教えをわかりやすく伝えた偽経とされています。

それでも永らく伝承されてきたのは、ご利益、霊験の

報告があとを絶たないからです。

わずか42字のこのお経を最も推奨したのが、

臨済宗、中興の祖、白隠禅師です。

「延命」の二字を冠したのが白隠禅師。

何度も読誦していくうちに心が落ち着いてきますよ。

『延命十句観音経』

観世音    かんぜおーん

南無仏    なーむぶつ

与仏有因   よぶつうーいん

与仏有縁   よぶつうーえん

仏法僧縁   ぶっぽうそーえん

常楽我浄   じょうらくがーじょう

朝念観世音  ちょうねんかんぜーおん

暮念観世音  ぼーねんかんぜーおん

念念従心起  ねんねんじゅうしんき

念念不離心  ねんねんふりーしん

【訳】

観世音

仏に帰依したてまつる

仏と因あり

仏と縁あり

仏と法と僧との縁によって

常・楽・我・浄の四徳を得ん

朝な朝なに、観世音を念じ

夕な夕なに観世音を念じ

念念、心より起こり

念念、心を離れず

カレージア(香麗志安)編集

参考『観音さま入門』大法輪選書

|

« エバメールゲルクリームで感謝される | トップページ | スーパームーン »