« 地震酔い流行る | トップページ | 三陸地方の言い伝え »

PROTECTION生活

過去、いろいろ見たり聞いたり、学んできたことが今回の震災、

放射線対策に少しは功を奏しそうだ。

知らず知らずのうちに準備してきたかのように。

時間とお金、かなり費やしてます。

「直ちに影響はない」と繰り返されても、自分の直感に従って

みる。少なくとも身体に入って来るものは以前と違うのだから。

食べ物に関しては、一刻も早く放射性物質を体外に出す

こと、血液をきれいに保ち、免疫機能を正常にしておく作用

を求めるべきだろう。

参考。

マクロビオティック、クシマクロビオティック。

玄米、野菜、海藻、自然塩、梅干し、味噌、ゴマ・・・

甘いもの、アルコールを避けること。

1945年8月9日。長崎に原爆が投下された。その爆心地から

1.8kmの聖フランシスコ病院にいた人々も被曝した。

そこで医療活動を行っていた秋月辰一郎先生は、かつて

桜沢如一というマクロビオテック創始者に師事し、持病が

治ってしまったという人物。

さっそく玄米菜食を病院関係者とともに実行。皆、原爆症

にならなかったという。ご本人は90歳近くまで長生きされた。

秋月辰一郎氏の著書

『長崎原爆体験』

日本図書刊行センター刊「日本の原爆記録」第9巻に所収

『長崎原爆記―被曝医師の証言』平和文庫

マクロビオティックを日本の伝統食という人も多いが、

必ずしもそうではない。

戦前、戦時中は日本人は皆玄米を食べていたと戦後

世代は思いがちだが、インタビューしてみると、場所に

よっては白米という。いやいや、そもそも戦時中はお米

自体ありつけなかった、黒パンだよ、イモだよ!などなど。

爆心地から近い人からどんどん亡くなっていった。

診察しながら秋月先生は、生死の境は原爆からの距離

と食べている物だと気づく。

さて、現代生活。

玄米菜食をしていても、ジャンクなお菓子、インスタント

ばかり食べていたらNG。

結局、デトックスするものが多くなり、いつになっても

調子は良くならない。

基本的に私はマクロビオティックは非常時用の方法と

捉えているで、毎日実行しているわけではなくメニュー

として取り入れるくらいであった。

体調が悪い時はずいぶんとお世話になっている。

厳密に行おうとすると、排除すべきものが実に多くなる。

OKのものを集めようとすると値段も張る。

でも、いつでも出番が来れば実行できる。

凝ったものはできないけれど。

注意事項

実行するなら、まずは本を読んで理解すること。

料理だけの世界ではない。ポリシーも知ること。

久司道夫氏のクシマクロビオティックは使ってよい

食材が若干異なる。マドンナはこちらの方法。

玄米を日ごろ食べてないのに、いきなり始めると

胃腸を壊したり、身体の毒素が出始めることがある。

最近食べておらず、いきなり玄米の割合を多くした

ので吹き出物が顔と身体に出てしまった!

覚悟はしていたけれど。

身体はなんと正直なことか。

日ごろの食生活でたまった毒素が目に見えてしまう

わけだ。

白米と混ぜるなら、配合は身体と相談して試行錯誤

していくのが無難。皆、それぞれ体質が違う。

自然塩と味噌はすでにお気に入りがある。

4年梅はさすがにしょっぱすぎるなあ。

放射能汚染の食材も気になるが、この方法なら

有害物質も出やすいのだろう。

いつもの食事とバランスを保ちながら取り入れる、

ケースバイケースで頑固にならない。

無理はしない。その方法で続けてみる。

身体にまずは聞いてみる。

着るものも住まいも、考え方なども放射線防護の

観点から、今までに得た智慧を駆使してみる。

|

« 地震酔い流行る | トップページ | 三陸地方の言い伝え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PROTECTION生活:

« 地震酔い流行る | トップページ | 三陸地方の言い伝え »