« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

三陸地方の言い伝え

三陸地方の言い伝え

津波が来たら、てんで(こ)に逃げろ!

地震が来たら海から離れて高台に上る。

奥尻島の津波は凄まじく、恐ろしかった。

以来、ニュースでは地震発生後、津波に気をつけて下さい、

と繰り返すようになった。

逃げる距離より、高台が命を守る。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の事実に基づく創作

『生神様』の「稲むらの火」小学国語読本、尋常科用

昭和三陸地震(昭和8年)の生存者(4人)からのメッセージ

岩手県宮古市重茂(おもえ)半島姉吉地区、海抜60mの

場所にある石碑「大津浪記念碑」(縦150cm、横50cm)

にはこう刻まれている。

高き住居は児孫(じそん)の和楽(わらく)、

想え惨禍の大津浪

此処より下に家を建てるな

12世帯約40人がこの言い伝えを守って全員無事。

津波は石碑の50m手前で止まった。

道路工事の拡幅工事の際、撤去させず、数m高い位置

に移したことも幸いだった。

今回の東日本大震災では、

昭和35年のチリ沖地震の津波到達地点のプレート、

「チリ地震津波水位」を乗り越えてしまった。

それよりずっと内陸にプレートを建てるべきだろう。

誰かが語り継がなければならない。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »