今昔智慧Seekを開設します。

みなさん、こんにちは。

「今昔智慧Seek」のサイトへ、ようこそいらっしゃいました。

                                                                                                                        

このブログでは世界各地に伝わる古から伝承されてきた智慧、最新の智慧までざっくばらんに綴っていこうと思います。私たち現代人の生活は先人たちの経験や創意工夫の積み重ねの上に成り立ってきたと言えるでしょう。

                                                                                                                        

悠久の時の流れに練磨され、その中で生きのびてきた有用で実践的な智慧をぜひ、今一度意識してみませんか?、また、すでに忘れ去られてしまったり、埋もれ行く智慧を緊急救助、再利用してその恩恵を享受したいものです。

                                                          

最近では、時には非科学的と言われてきた伝承の智慧が見直されつつあり、建築、治水、医薬、環境保全などに生かされ始めています。伝承の智慧と現代の智慧、技術がスクラムを組んでさらにステップアップした例が産まれているという事ですね。

一口に伝承の智慧といってもその形態は様々です。

身近ないわゆるおばあちゃんの智慧袋、底力のある口コミ、よくわからないが語り継がれる言い伝え、しきたり、ならわし、彩り豊かな民話、伝説の中の教え、玉石混交かもしれないが無視できない迷信、長老の賢い忠言、ストーリー・テリング、その筋でしか伝わらない口伝、ワザの継承である匠の智慧、地方に伝わるその土地特有の智慧、世界各地の先住民族のIndigenous knowledge土着の知)など。現代に至っては一般人が智慧をしぼった発明、実用新案、特許、研究機関の実験室で産声を上げたほやほやの智慧・・・・これらもやがて磨きのかかった伝承の智慧と成り得るでしょう。

これらは言葉で説明できる形式知から、大工の棟梁や芸事の師匠、杜氏などが自らの体をもって弟子に伝える身体知という、言葉で説明しきれない暗黙知によるものがあります。

このブログでは管理人が出あった様々な書物、資料、実際に見聞きした体験を踏まえて、多くの角度、切り口からアプローチしていきます。

情報を扱う範囲の関係上、必然的に広く浅くのスタイルとなりますが、小高い山に登れば景色全体が見渡せるのと同様、鳥瞰図的な視座からスケッチしていき、何かしらの関係性が見出せればと期待しています。

なお、上記の古めの伝承の場合、このようなITと距離があるシニアの方が多いと想像されます。記事を読まれてから身近なシニアの方や、ご両親、おじいさん、おばあさんたちにお話をして、何かの情報があればご自身がご存知の情報と共にお知らせして頂ければ幸いです。ローカルな智慧が遠く離れた土地で繋がっていることを発見できたり、新たな智慧を発掘できればすばらしいではないですか。

智慧は共有知であり、宝です。どうぞよろしくおつきあいください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)