サファイアの平常心

『幸せな王子』の剣のつかのルビーは貧しいお針子へ。次につばめがくわえて行ったのは王子の青いサファイアの目でした。

「そればかりはできません。」

つばめはそう言って泣き出してしまいました。

「いいや、つばめくん、どうかいうとおりにしておくれ。」

つばめは目から抜き取ったサファイアをくわえて、若い男のいる屋根裏部屋に飛んでいきました。

この男は劇場の監督にたのまれて芝居のはなしを書き上げようとしていたのですが、あまりの寒さに筆が進まないのです。暖炉に火はなく、そして飢えていました。

縮れた茶色の髪の毛、くちびるはざくろのように赤く、大きな夢見るような目をしています。机は紙くずだらけでした。

つばめがおいていったサファイアをみつけた男は、ファンからの贈り物と思い込み、幸せな気持ちになりました。

もう片方の目は小さなマッチ売りの少女の手のひらにすべりこませました。

「まあ、きれいなガラス玉だこと!」

少女はマッチをすっかり溝へ落としてだめにしてしまったのです。でも王子のサファイアのおかげで父親に怒られることはなかったでしょう。

サファイアはルビーと同じコランダム(鋼玉石)に属する。石に含有される酸化クロムの割合によって色が変化する。なかでも紫がかった濃いブルーは矢車草に似ていることからコーンフラワーブルーともいわれる。

ルビーのパッションに比べて、青いサファイアは堅実で落ち着いたイメージがある。実際その宝石パワーも見た目と同じく、感情の高まりや怒りを鎮め、「哲学者の石」とも呼ばれている。

文章を書くときは指輪を右手にはめると、発想がよくなるなど、知的活動に向いている。緊張するシーンに使えば、落ち着いて自分の力を発揮できる。いわば、智慧と平常心の石である。

『幸せな王子』では、脚本家が文章を書けるように助け、マッチ売りの少女には父親に怒られない智慧を授ける。作者のオスカー・ワイルドはサファイアの伝承のパワーを知っていたのだろう。発熱中の息子を持つお針子にはサファイアではなく、熱をさまし元気になるルビーを与えている。

また、恋人に電話するとき受話器を持ったほうの手にリングをはめれば、自分をうまくアピールできるという。

サファイアにまつわる伝説としては、有名な探険家、サー・リチャード・バートンの逸話がある。彼は多くの探検先で現地の人に熱烈な歓迎を受けるのだが、それは彼がスターサファイアを持っていたからであった。そのスターサファイアに軽く触れるだけで大きな幸せが訪れると評判だったから。

古からの伝承には、心臓を強め、毒消し、血の浄化にもよいとある。

良質のサファイアはインドやビルマで産出されていたが、インドの鉱山は閉山、ビルマでもほとんど採れなくなったという。現在はほとんどスリランカ産になっているが、熱処理されているものが多い。

今後はマダガスカルが注目だそうである。大粒は出ないが、品質がよい。いずれにせよ、良質なものを手に入れたいなら、早めに探した方がよさそうである。

サファイアの色は、実は彩り豊かである。今ではファンシーカラーサファイアと総称されている。

ピンク、オレンジ、イエロー、緑、紫、無色。30万円くらいのオレンジルビーのルースを手のひらにのせたことがあるが、ジュッというくらい熱く感じた。半端でないエネルギーとみた。

中でも最高ランクに位置し、キング・オブ・サファイアとも称されるパパラチア はスリランカでしか産出されないという。パパラチアとは「蓮の花」というスリランカ語で、ピンクとオレンジの中間色でなんとも暖かくやわらかい色味であるピンクサファイア と似ているものがあるので鑑別書があったほうがよいだろう。

ブルーサファイア の指輪、ずいぶん長いこと姿を消していた。いくら探してもみつからない。ところが、ひょんなことから身近で見つかり、それ以来、よくはめている。

「つれていってよ」

と聞こえるときに。手に汗握りそうなときは特に助けてくれていると思う。どきどきする時にみつめると、不思議と落ち着くカラーでもある。他の指輪をはめてからこのサファイアの指輪に交換するときが割りと多い。

必要ないときには姿を消し、必要なときにはちゃんと出てきてくれる石だそうだ。

ところで、イエローサファイアもいまだにルースのまま。静かにしまってある。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルビーのパッション

街にはきらびやかなクリスマスイルミネーションの用意が万全となっている。シティーホテルのロビーもそれぞれ趣向を凝らしたクリスマスツリー。実は飾り立ての今が旬なのかも。

赤、青、金、銀、クリスタル・・・・・

赤ならやっぱりルビーでしょう。

王子には見えました。手荒れで血がにじみ、やつれ果てたあのお針子が。傍らには熱で寝ている息子が。

「ね、つばめくん、ほんの一晩でいいからぼくのそばにいて、使いをしてくれないか。ぼくの剣のつかからルビーを抜き出して、あのお針子に届けておくれ」

つばめはエジプト行きを控えているため、最初こばみますが、王子の悲しい様子に心を動かされてルビーをくわえて飛んでいきます。眠りこけているお針子のそばにそっと置いてきました。無事届けて飛びかえったつばめは、

「おかしいですね、こんな寒いときなのにからだがほかほかしているなんて」

「君がいいことをしてきたからだよ」

熱の病に効があり、活力を与えるといわれるルビー。サファイアを持っていった先を知ると、アイルランドはダブリン生まれの作者、オスカー・ワイルドは宝石パワーの伝承を知っていて意識的に書いたのだと思える。

こんな伝説も残っている。

古代インドの時代から、ルビーは情熱と勇気のシンボルとして信じられていました。あるとき戦争が起こり、少年が愛していた少女が敵に連れ去られてしまいました。少年の母は、家財をすべて売り払って小さなルビーを買い与え、兄弟と共に出陣する息子を見送ったのです。

そのルビーの加護のせいなのでしょうか、その少年は多くの戦果をあげ、りっぱな武将となって、ついには少女を奪還できたということです。

ルビーの伝説のパワーには、身につける本人の能力を最大限に引き出すこと、血の浄化、血のめぐりをよくする効果もあるという。

自信を高めるともいわれ、恋をつかみたい勝負のときにルビーがおすすめ。イヤリングなどからだの上部につけると異性にもて、リングをはめればスムーズに展開する予感。男性にはネクタイピンを。恋人同士が贈り合う宝石としてはとりわけラッキーな石だそうだ。クリスマスプレゼントしては最適ではないか。

持ち主に危険が迫ると、色が変わるとも言われている。

選ぶのなら、理想はミャンマー産のピジョンブラッド色。ハトの血のようなそのカラーはワクワクするような色だ。インクルージョンがあればそれは天然の証拠でもある。

スリランカ産は明るいチェリーピンク、、タイ産はビーフブラッドといって暗い色調である。

また、非常に貴重な非加熱処理のルビーでは天然の色が楽しめる。

私はミャンマー産のつやもいいピジョンブラッドを大切にしている。なめらかなカボッションカットで、実はいまだにルースのままである。

ジュエリーとしてというより、パワーストーンとして使いたいので、たまに出しては左手に持ち、気を右手に流して、その右手を体にあてる。または、置きたいと思うからだの場所におく。

やがて、だんだん置いた部分が暖かくなって、全身もぽかぽかしてくる。ストーンセラピーともいうけれど、いわばルビーのお灸である。使用後はスマッジや日向ぼっこも欠かせない。

ルビーのタイタックタイピン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翡翠のあたたかみ

鉱物はアメジストしか書いていなかった。次はどうしても翡翠

あるとき、心の中へ「こうこうこういう形、色、大きさで、この値段の翡翠のペンダント」というイメージが飛び込んできた。でも、どうやって手に入れたらいいかわからないので、パワーストーンなどを扱っている知り合いにすぐに電話を入れた。

「それだったら、鉱物ショーに行ってみたら?」

とアドバイスして下さったので、さっそく調べるとそのショーはもうすぐ開催、という時期であった。ジャストタイムである。

池袋のサンシャイン60だったか、ものすごい人の波。酔いそうなほど。しかもそれを上回る世界各国の鉱物のラッシュ。どれを選んでいいか、皆目わからない。ところが、買うものは決まっているので、ひたすらその色、形、大きさ、値段を探すのみ。糸魚川の翡翠にも魅かれるが、いやいや、これは大きさが違う。

複数のお店に聞いてやっとたどりついた翡翠専門店。ミャンマー人を研磨に雇っているという。ショーウインドウの中には・・・・ありました。その色、形、大きさ、値段。ちょっとお勉強してもらってジャストの値段になった。スバラシイ。

明かりに透かすと、血管のように模様が浮き出る。なんてあたたかみのある石なのだろう。

店長は自分が下げている色艶のよいネックレスを指して、

「これ譲ってもいいわよ。お金が入るようになるから。60万円だけど30万円にしてあげる」

残念ですが、ご遠慮しました。

それからその翡翠はずっとハートチャクラを暖めてくれている。ぬくぬくと。どれくらい助けになったことだろうか。

そもそも翡翠といってもいろいろで、軟玉と呼ばれるネフライト、これは中国で昔から工芸品などに珍重されていた。硬玉と呼ばれるジェードがいわゆる本翡翠。ミャンマー(ビルマ)産、日本産などがあるが、日本ではこちらが主流である。糸魚川の翡翠が特に有名。古の昔から勾玉などに加工され、時に権力の象徴ともされていた。

中国では第一婦人に翡翠、第二婦人にダイヤモンドを贈った、というように翡翠の方が格が高い時代があった。五徳(仁・義・礼・智・勇)を高めるとされる一方、商人は商いの成功のために翡翠を手に握ったという。

ギリシア人は眼病に効くと信じ、アメリカインディアンは腎臓病の治療に使ったという。

その他、不安と恐れを開放、人間関係改善、精神安定、魔除け、護符、幸運の石、安眠、忍耐力を養う、ともいわれる。あの世とこの世を橋渡しする石でもあるので、儀式に使われる。だいたい誰でも受けいれることのできる石でもある。

最近はミャンマー産より、糸魚川産で日本人の研磨によるものをよく身に付けている。実演販売でコミュニケーションある買い物である。ミャンマー産の色合いとまた違った趣があり、落ち着いた色である。といっても、色のバリエーションは豊富で白・黄色、緑・青・ラベンダー色。それぞれ、効果も違うらしい。

だいたい白人は白っぽいものを好み、日本人は色の濃い方が価値があると感じるらしい。お店でも「あらぁ~もっと色の濃いのはないのかしら」なんて聞くこともある。

実は翡翠本来の色は白色で、翡翠輝石に鉄やチタンなどが混入した部分が緑や青に変化し、それをオンファス輝石という。オンファス輝石が純化したものを翡翠輝石という、など化学的な説明はわからないが、翡翠という名称も幅が広い、と思った方がよい。

日本人の閉鎖的性質をカバーするという情報もあるが、それはまず身に付けて自分で体感するのがよいだろう。また、それぞれのTPOにあわせて、直感で身に付けていくものを選ぶのがよい。

そういえば、今日はミルキーなラベンダー翡翠を身につけていた。この色は愛と美と安定性を放っているそうだ。安定性と、さりげないやさしさ、という感じがする。

糸魚川に翡翠探しに行ってみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルチル入りアメジスト

鉱物第1号は、アメジストです。ずいぶん前のことになりますが、私にとってアメジストはパワーストーン、護符としてはじめて効果を期待して手に入れた第1号です。それまで、もちろんアクセサリーとしての宝石類は持っていましたが、ファッションの一部としてのおつきあいしかしていませんでした。

都内の有名デパート、宝石売り場のルース(裸石)コーナー。磨き上げられたショーケースの上から食い入るように物色していた私に、店員さんが「お出ししましょうか?」

その大粒で落ち着いた紫の輝きに、私は目を奪われました。見つめているだけで今まで拡散していた意識が集中していくようだったのです。値段は意外にもお手ごろ。もともとアメジストは多く産することから、高価ではありません。その石はカットの精巧度や中にルチル(針状物質、インクルージョン)が入っているので、カラットが大きくてもその値段がついたのでしょう。後日、ルチル入りはパワーが強いと聞きました。

ルースのため台をつけてもらうのですが、指輪のデザインにはダイヤモンドはつけませんでした。今回は純粋にアメジストの波動を感じたいから。最近は石のコラボレーションなどと言って、石を組み合わせるデザインも目立ちますが、石の相性を鑑みる必要があるので、要注意です。

たとえば真珠にダイヤモンドが取り巻いているものは定番ですが、硬度が硬いダイヤモンドに軟らかい真珠では効果が相殺されてしまいます。大体はダイヤモンドによって効果が増す例が多いのですが、パワーストーンとして使用したい場合は、色石の組み合わせには繊細になったほうがよいでしょう。

できあがってきた指輪は、とてもシンプルでシック、おそらくずっと身に着けていけるデザインです。それから私とアメジストの対話が始まりました。

パワーストーンとしてつきあっていくためには、それなりのお手入れが必要です。定期的に浄化し、対話をしていく。浄化については新たな記事にまとめていきます。石は長い長い旅をして自分のところにやって来ます。世界の鉱山で石を採掘し、研磨、カット、台に載せる、石は多くの人に触れられます。石の種類によっては様々な思いを吸収してしまうのです。プラスの思いであればよいのですが、そうでないものは持ち主にとって不必要なものでしょう。初めて身につける前の初期化、身に着け始めてからは、パワー再生の浄化が必要になってきます。

初期化されたアメジストにはまず自分のところへ来てくれたことに感謝。それから友人になってくれた石は枕の下では安眠を促し、身に着けていないときには留守宅を守り、共に外出した時は電車の待ち時間を短縮したり、集中力、直観力を冴えさせたりしてくれました。

アメジストの効能というべきものはまだまだたくさんあります。感情のコントロール、恐怖や不安を取り除く、人間関係の改善、悪酔いを防ぐ・・・。中枢神経系に効果があるようです。

アメジストを司る惑星はラッキーな星といわれる木星。そんなことから身に着けるとなんとなくラッキーなことが増えるのかもしれません。ここで注意したいのは、長い時間太陽光に当てると、変色しやすいということです。石の組成によるものですが、色が抜けたり、青っぽい紫が赤紫に変色してしまうこともあります。私の場合はお休みさせれば次第に元の色に戻っていきました。

石とのつきあい方で心に留めておきたいのは、石に頼り過ぎないということです。あくまでも主体は自分自身、自分なりの努力はする。友人のように対話していくことが効果を最大限に引き出していくポイントだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)